アイラの女王、ボウモア!

スコットランド西南、そのアイラ島の南から、島の中央まで切り込んだ深い入り江ロッホ・インダールの中ほどにある。1779年、地元商人デヴィッド・シンプソンが創設。アイラ島最古の蒸溜所は、ボウモア町の小さな港のそばに建つ。

金色のパゴダを思わせる、うり二つ塔のキルンがそびえている。それがボウモア(Bowmore)蒸溜所のシンボル、麦芽乾燥塔だ。ボウモアとは、「大きな岩礁」というイミ。ピートにも、長い間に潮風がしみこんで、海藻の匂いがする。村の家なみはおろか、暮らしまでも、昔のまんま。春になると、蒸溜所の男たちは、3人一組みで湿原に出かけ、独特な弧を描いたようなシャベルでピートを切り出す。

かぐわしいスモーキー・フレーバーが特長で、
「アイラモルトなら、ボウモア」
という熱烈なボウモア・ファンがいるほどの人気のモルト。南部のヘビーなモルトと、北部のライトなモルトの中間的なモルトを生産している。

ボウモア蒸溜所は、昔ながらのフロアモルティングで麦芽をつくり、ピートを燃やし、乾燥させる。発酵、蒸溜もじっくりとおこない、いわば人の手によるそのままの蒸溜所である。それだけ、伝統や熟練の技がたいせつにされ、島の自然風土が、ストレートに出たウイスキーが生まれてくるのだ。18世紀には、ボウモア村のウイスキーは、
「豊かで洗練された品質」
というキャッチフレーズとともに、イギリス国内に知れわたっていたようである。

 

創業以来、改装、拡張を繰り返し、経営が悪化してから所有者も転々とした。1963年にグラスゴーのスタンレー・P・モリソン社の所有となり、あの幻の銘酒「ブラックボウモア」を生むことになる。その銘酒、熟成には厳選されたシェリー樽を使用。1993年、2000本限定で販売も、あっという間に完売。それに味をしめたのか、またも2000本販売したが、これも完売。なんどか繰り返し発売したが、価格はうなぎのぼり。

そして、ついには2007年、ファイナル・エディションと銘うって、42年もの熟成の5樽、827本を限定販売。なんと発売時の価格が50万円。それでも、またたくまに完売したというおそるべきシロモノ。また、同年、1851年ボトリングの現存する最古のオールドボトルが、オークションでおよそ700万円の高値で落札された。

1989年、サントリーが30%の資本参入した。1994年にはモリソン・ボウモア社として、完全子会社化。それ以降、サントリーがボウモア蒸留所のオーナーである。ボウモアを、
アイラモルトの女王
と、サントリーは表現する。洗練されたかぐわしい香りを持つ。アイラモルトの全体像を知るのに、最適の酒である。ピートを炊く時間が短いためか、さわやかで、穏やかな磯の風味。ややピーティでややスモーキー。鑑定家によって、ラベンダー、ヘザー、ハニーと様々な香りが指摘されている。それが、スモーキーな潮味、ピート味とマッチして、非常に魅惑的なモルトとなっている。
バランスがよく、食後酒向き。

蒸留所では、ピート(泥炭)の影響の濃いラーガン川をマザー・ウォーターを水源。バーボン樽やオロロソ・シェリー樽による熟成をおこなう。ウエアハウスは波しぶきを浴びる海辺にあり、潮の香りを呼吸しながら熟成を続ける。そのなかの1号ウエアハウスは、大潮どきに、満潮と、強い海風がかさなると、この熟成庫は、1メートルほど海に沈んでしまうのだ。もちろん、ウイスキーにはなんら影響はない。

アイラ島は南海岸のモルトは、強烈で個性的。北海岸のモルトは、穏やかな味わい。ボウモアは、場所も中間なら、味わいも中間ともいわれるが、マイケル・ジャクソンは、その著書「ウィスキー・コンパニオン」のなかで、
「地理的にも、風味の上でも、ボウモアのウィスキーの特徴は両者の妥協点というべきではなく、むしろ謎のようなものであり、鑑定家たちはその複雑さを解き明かすことの困難さを知っている」
としている。

フロアモルティングで麦芽をつくる。ピートを燃やして乾燥し、木桶発酵させる。受け継がれたストレート・ヘッド型ポットスチルで蒸溜する、という昔ながらの製法を守り続けている。そのポットスチルは、初溜・再溜あわせて4基あり、加熱方法はスチーム過熱式を採用している。

サントリーになってから、オフィシャル品のラインナップの多さが際立つ。なかでも、12年ものは、金褐色をし、海草由来のピート香と、ラベンダーを彷彿させる独特の香りに、オーク由来の熟成香がバランスよくとけ合っている。ミディアムボディながら、しっかりとした風味がファンを魅了している。2007年、ボトル・ラベルデザインが変更された。カモメの絵柄のラベルから、シンプルなロゴのデザインになった。

※参考図書;「スコッチウイスキー紀行」(著者:土屋 守、刊行:東京書籍)。

■■飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しくほどほどに。

スポンサードリンク

-->